ビジネスブログ

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ
2013年12月29日 [掃除]
私は掃除の中で一番嫌いなのがお風呂です
(お風呂はプロでも一番嫌いかも、私だけ?)

家庭の主婦の嫌いな家事の一位だったような…


お風呂は色々な汚れが交じって要るので
本当に大変

きちんと傷つけないでプロが掃除をするときは
それぞれに効く薬品でそれぞれの汚れを落して行かないといけません

特にシャワーのホースのカビ…
これほど生産性のない掃除はありません

曲がり易いように凸凹になっているし
つるんとなっていたらまだいいのですが
この凹凸に入っている汚れ、黒いからカビ?が困るのです

時間と薬と労力がかかる割には
所詮ホースだけ

買って替えたほうが早いです!!

この生産性のない掃除に
お風呂の蓋も入れたいと思います

お風呂の蓋は重たいし
蛇腹のところがお掃除が大変だし

そこで、ラクをしたい私は
お風呂の蓋の代わりに保温シートを使っています

hurohoonnsi-to

ちょっとだけ高めのちょっとしっかりしたタイプ
ほにゅん、ほにょんじゃない 立てるとかろうじて自立するタイプ
値段は500円から700円

これを湯船より少し大きいのをわざと買って
蓋のように使ってます

使わないときは浴室にマグネットが付いた大きなモノで挟んでおけば
乾きますし

なんといっても軽いのがいいです
この年になると色々重いものが持てなくなるんですよ

で、カビが生えたら捨ててます^_^;
夏はシャワーになってお湯につかりませんし

冬でも、浴室を温めるため
(築40年の我が家の風呂は寒い!!)

お湯を張るときはわざと蓋をしないで置きます
一番風呂の人がかわいそうなので

ちなみに残り湯を洗濯には使いません
洗剤がお湯の汚れを分解するのに力を使うのではないかと思ってしまうのです

最後の人がすんだらお湯を抜き換気扇をかける

最近、お風呂全体が乾燥機になっているのをお使いの方
あれは、最後お風呂をしっかり、洗って水気を取ってからかけてください

そのままだと汚れや水のカルシウム成分など
温風のドライヤーの熱で焼いているのと同じです

これが、厄介なんですよ、汚れだけじゃなくて温熱で焼いてるみたいなもんですから
水分を取るなら換気扇だけでじゅうぶんです







このページの先頭に戻る

片付け収納プロ