ビジネスブログ

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ
2014年02月25日 [ビジネス]
仕事をしていると1年間でどれくらいの名刺を貰いますか?
事務用品のキングジム、男性500人のアンケート調査によると

1か月にもらう名刺の枚数は平均13枚

セミナーで名刺交換、セレモニーで名刺交換をしたら、顔を覚えてないから
後で見ても誰が誰だか分からない事も多々ありますね…

名刺を見てその人を思い出せますか?
6割以上の人を思い出せると回答した人が半数
10人に4人は顔と名前が一致しないという事ですね

印象に残る名刺のベスト3は
・顔写真入り
・素材が変わっている
・色が個性的

本人とかけ離れた「奇跡の一枚」を載せている方はなかなか思い出せません。

沢山ある名刺の管理をどうしていますか?
最近は名刺管理ソフトなどデジタル化もできるので、使ってみたいなとは思っている人も多いでしょうが、実際は名刺フォルダーや名刺ファイルが72%で名刺箱の24%を合わせたら96%の人がアナログです。

1か月に13枚、1年間156枚
そのままだったら、ちょっと管理も大変になりそうですね

実際に名刺を1枚探す時間は平均3.6分
1週間のうち名刺を探す回数が平均3.5回
時間にすると1週間に12・6分
1か月に50.6分
1年間で約10時間かかっています

ソモソモ名刺の仕事は何?
自分の携帯のアドレスに登録できるくらいの親密な中になればもういらない
モノかも知れますね。

取引先の会社や行政の担当者、次回の訪問に「前に会った方の名前は…」で調べる
もっとお近づきになりたい方は電話でメールで後日連絡、その時の資料として使う
その他で使うとすると

「確か2年前にこんな仕事をしている人がいたな〜」
「商工会で知り合ったあの人」で思い出しながら探す?

探せないとだめですよね
どんなカテゴリーで分けていったらいいでしょうか?
会社名・仕事内容・会った日時

フォルダーごとにグループ分けして
自分が一番思い出しやすいカテゴリにしたらいいですね

1年に1度は見直しましょう
どこまで残す?
顔と名前が一致しない方
2年以上たっていて、会社の移動がすでにあったと思われる方
反対に、アドレス帳に移動されている方

そんな方は整理されてもいいかもしれません
個人情報満載の名刺ですからシュレッダーにかけて処分を忘れずに




ところで、なんで名紙ではなくて名刺なんだろう
「紙」じゃなくて「刺す」

昔、中国で竹を削って名前を刻んだモノを『刺』と呼んでいたことから
名札のようなものを『名刺』と呼ぶようになったようです
一説には漢の高祖劉邦が妻の父親に「結婚したら家の繁栄を約束します」のメッセージに名前を書いて取次ぎを頼んだのが始まり…とも言われています。

2014年02月13日 [片付け伴走サービス]
当社の整理収納アドバイザー二人が「サクサク」
と気になるところを片づける「整理収納サービス」も大好きです

みるみる内に使いやすい家になっていく
やっている、私たちも壮観です。



ゆっくり、あーでもない、こーでもない
これはどう?こっちもどう?

とお客様と二人三脚で整えていく
「整理収納伴走サービス」も好きです

ご自身が、先頭に立って行うので、収納のコツもマスターできる
「ここには、このタイプがいいですよ」
「ここに、これを置くと動線がふさがれて難しいかも」

など、自分じゃない人のアドバイスも聞けるので
前に進める、そこがこのサービスのいいところ




そして、次に伺えば
家が明らかに変わっている

進化している、と言ってもいいくらいに

キッチンだけ行ったサービス
「次回はキッチンの残りの部分」と思っていたら

あれ?すごい!

なんだか、全体的に明るく見えます
勢いがついてどんどん、残りもご自分でできるように

使っていて、こっちが便利、これがいいぞ
と、どんどん、自分が楽な暮らしに変化していく

「気持ち良くなってテーブルクロスも新しいもの変えました」とお客様


もともとセンスのいい方だったので
お部屋全体も、素敵になっています

片付けが苦手で、と言われていたお客様も
すっきりした、使いやすい家に、楽になった家の進化と一緒に
片付け上手になられたようです

そろそろ、私の出番は無いかも
と思えるくらい、コツをつかまれたようです

私も、プロとしてどんどんアドバイスできるように
スキル磨かなきゃ〜




2014年02月12日 [収納グッズ]
ここ最近本当に寒いです!!
外を歩くと頭が寒い、帽子がほしいな〜毛糸の帽子。

毛糸は暖かいけど毛玉が困りますよね、
前は電動の電池を入れて使うタイプを使ってました。

最近は掃除機につけて使うのもあるようです、
でも、毛玉を取るとき掃除機も出す・・・のがちょっと億劫です。


で、アナログですが「毛玉取りブラシ」を使っています

毛玉取り

プロのクリーニング屋さんが使っている、らしいです
猪の毛でできていて先端が傘状になっているので
そこに毛玉が引っかかって取れます

このブラシの付属の専用ブラシクリーナーが優れもので
これだけ売ってないのか、今探してます

ルンバのブラシに使いたいな〜〜。


2014年02月09日 [キッチン]
収納って

適当に見えないようにしとく…
じゃないですね

次に使いやすいようにしまう事


使う時よりしまう時のほうが時間も心もゆとりがあるので
仕舞う時にこそ、ちょっと手間をかけると楽になります

使う時に使う物がまとまっているととってもラク

手紙セット

講座の申し込み用返信や協会に出すときなど、
郵便を使う時にいるものがこの中にすべて入っています

手紙セットA

中身は切手・封筒・ちょこっとメモ・絵葉書・名前シール・テープのり・クリップ
それから、郵便の金額のわかる一覧表です

このケースの中に全部入って本のようにリビングボードに立てかけています

文房具の引出しにもテープのりもクリップもあります
でも、ここで使うテープのりやクリップはこのケース専用です

ここにあったら便利かも、ラクかも、と生活しながら考えながら暮らしていると
見えてきます

そして、「あっここにぴったり!」
「うん、ラクチン」が増えてきたら、暮らしやすい家になります


使うところに使う物が一緒
私の究極は、ホットプレート

ホットプレートの蓋を撮ったら、そのままコードが入っています


2014年02月03日 [片づけ]
捨てられない人は優しい人なのかもしれません
片付けクラブの生徒さん達はみんな優しい人ばかり

では、捨てられる人は優しくないのか?
捨てられる人は、想像力豊かな人

このまま、そのものがこれからどうなるか、考えて頭に描ける人

「どうでもいいもの」が捨てられない
スーパーの手提げ袋、景品で貰った冷凍保存袋
使えばいいのに、でも、適当にしまっているので使えてない

「何かに使えるかなと思って…」
何にも使えなくて今まで来たから、だから今このままここにあります

「いつか、使えるかと思って…」
出番もなかったのでこのままここにあります

何十年もたったら今の倍以上の量になります
大切な空間が、そんな、いつか、何かのために占領されていく


そんなビニール袋を見ながら
これは、なんだか女に貢がせているひも男のような気がしてきました

この人はいつか私を幸せにしてくれるはず…
縁を切りたくても、なんだか可哀そうで切れない

自分の悩みの種になっているのを自覚して
バッサリ一度ゴミ箱に入れてみませんか?

スーパーの手提げ袋は実はすぐに溜まる
実は買っても、新しいのが沢山入ってい100円くらい

二度と取り戻せないものはない、
そんなことに自分の大切な時間をつぶすことはない

意外に スーッとして 新しい恋人を見つけたくなりますよ



2014年02月02日 [収納グッズ]
キッチンにあるビニール袋
我が家でも、ちょっとしたものを入れる時使います


ビニール袋

引き出しの中で、バラバラになって使いにくいときありますね
重ねて入れても構わないとも思いますが
こんなものがあったので、検証してみました

生徒さんやお客様に進める前に使ってみないといけないですね

ケース

昔のビデオテープのケースのような形ですね
開くとこんな感じです

ケース2

中にビニールを入れてみます
二つ折にして、取り出し口のほうが輪になるようにします

ケース3

爪の部分をはめ込みます
素材は250円なのでしっかりしています

ケース4

写真がへたでごめんね…こんな感じです

ケース6


ビニールが少なくなったりすると、下のほうに袋が沈んで
上手く取れません、そんな時は片方を外側に出して見てください

ケース7

色々、検証しましたが、立てて収納したい人
いっつも、バラバラと引き出しの中がぐちゃぐちゃでストレスの人にはお勧めです

我が家では便利度5段階で3くらいです

このページの先頭に戻る

片付け収納プロ