ビジネスブログ

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ
2014年06月19日 [高齢者の片づけ]
「田舎の家を人に貸したい

でも、親が住んでいたままで、片付いていないので

人が住めるようにしてほしい。」

最近、こう言った依頼が来るようになりました

整理収納サービスにご依頼いただ来ましたが、もし家の中のモノをすっかり

いるモノ要らないモノに分けているなら、捨てるものしかない!

と解っているなら、

一番費用として掛からないのは、廃棄物処理業者を呼んで、すべて持って行ってもらう事です。



2012年年12月広島でゴミ処理施設から、ゴミの中から1000万以上のお金が見つかったことがありました。

まったく家財の中に1000万円残されて要ると知らなかったようでした。


当社も、1000万円とは行きませんが40万円くらいと商品券が多数出てきたケースがありました。

それを見つける為では無く、亡くなられて家族の方が保険関係、財産関係、預貯金関係のモノを探すのに

整理収納/遺品整理を頼まれました。

そこで見つかって、まとめたらそれくらいあった、ということです。


時間が無くて、遠方で、なかなか田舎の家をきれいにできない、お悩みの方は

どうぞ、家事代行収納プロおひさまサービスにご依頼下さい。

いるモノ、要らないモノ、貴重品、思い出品、ご指定頂いた種類に分けてご報告いたします。


不用品処理も、協力会社の作業に立ち会いたします。そのあとの掃除までトータルで行います。








このページの先頭に戻る

片付け収納プロ