ビジネスブログ

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ
2015年05月28日 [片づけ]
本日は松本一人でお伺いしました。

安佐南区の若いお客様
3か月の天使がいました。

寝顔も泣き顔も飽きないですね見てても…。
かわいすぎて。

3歳の上のお子様の洋服
整理したくてもなかなかできませんね、天使ちゃんがいると

まずはこの夏過ぎてもう切れない服を
サイズ別に分け収納部屋に

この夏からきれそうなものを
クローゼットに120 130と大きいと思っても
収納部屋に入れて仕舞うと忘れてしまいます

子供服はシーズン過ぎて、忘れていたら
「一度も着なかった…」てことになりやすいのです。

3時間のサービスでしたので
後は階段下の収納庫、ここは大切ですよー

もうひとつは、廊下にある収納棚
家の中でも要になる収納です書類写真収納コーナーにして

小さいお子さんが要るとなかなか手が回りません
ストレス軽減にも、是非、お嫌いください。

2015年05月26日 [整理収納サービス]
本日廿日市市のお客様です。

大変お忙しい方なのです、朝8時半からのスタートです。
3時間、アドバイザー二人で

押入れを引き出し収納に大改造
お客様も、ひたすら洋服のジャッジを頑張られました。

「変われますか?」

勇気を持ってご依頼頂いた時から
変わることができます。

1枚ずつ、ジャッジしてください、疲れますが
自分で選ぶことが一番大切です。

今回は
着る服、着払いで送れるリサイクルショップ行き
洋服をこの二つに分けていただきました。

私たちはグループに分け、取り出しやすい仕組み作り
汗かきかき3時間はあっという間

まだ、まだ途中でも、確実にお部屋も、お客様も進化進行中。

2015年05月25日 [引越]
本日中区のお客様のご依頼で、5時間サービスにお伺いしてきました。

1人暮らしが終わり帰って来れば、一人分の荷物が増えます。
家電、布団、食器も日用雑貨
沢山のダンボールで、奥様は大変

ご主人、お子様 荷物も一人分じゃ無いからもっと大変

きっと、今までストレスだったことでしょう。
よくぞ、御いらい下さいました。

押入れから始まり和室が一つ完了
次回は、使えない物で溢れた洋室と
リビング、キッチンへと片付けは進んでいきます

奥様
「いつかしなくてはと思っていたけど、多くてやる気にならなかった」
私でも、嫌になったかもしれない、物の多さ。

頑張りましょう、片付いた後は
サーー〜〜と5月の爽やかな風が部屋の中を駆け抜けます。




2015年05月17日 [セミナー]
昨日は岡山でせみなーでした

30分ほどの基本の整理収納の講座の後
新キッチン「レシピア」を使って実際の収納を見ていただきます。

収納を目的毎にグループにする
高さを考える
奥行きを考える
必要な量を見極める

など、聞くだけでは分かりにくい事でも
実際に物が入ったキッチンなら
イメージも湧きます

他のメーカー様のセミナーでも
どんどん進化する設備に私も勉強になります。

今回のレシピア、換気扇の掃除が5年から10年はいらない
遠心力で油受け皿に溜まるので、その部分を洗うだけ
手の届く高さにあるので、脚立もいりません。

プロの掃除を頼む、中のドラムまでなら
毎年する必要がなく、5年に1回なら
1回2万円、10万円浮いて、尚
さっと日常のお手入れができるので、オススメです。

お風呂の方も
日常の浴槽洗いを勝手にしてくれる
そんなのもありました。

実際にショールームに足を運んで
色々、見られた方がいいですね
予算があると思いますが、使用頻度が高く
水をよく使うキッチンは、しっかりメーカーさんが
心と時間をかけて作っておられるところを
おすすめします。

「この前リフォームしたばかり
施工業者の持ってきた中で選んだので
こんなのがあったなら、付けたかった」
棚が電動でスライドされるのを見て
お話しされておられた方もいました。

メーカーさんも
どんな人にも同じものを勧めるのでは無く
(キャンペーン商品だから、勧めているのは
お客様にはバレバレです)

子育て世代で食器も多ければ食洗機が欲しい
反対に高齢者夫婦二人なら食器も少ないので
同じ予算なら、食洗機より、シンク前の
棚が電動で降りてきて、乾燥機になっているタイプ
の方がお勧めですね。








2015年05月16日 [高齢者の片づけ]
南区K様 写真の整理で青春が蘇る

週一回のペースで写真の整理に伺っています。

今日も、朝7時半から電話がかかって来ました。

「先生、本当に良いものやってくれて、ありがとう!
人生が楽しくなってきた、どんどんアイデアが出て来て
明後日来るときまでにドンドンやっとくよー」

あらら、一緒にやるのがいいのに〜
待ってて下さいよ〜。

アルバム積み上げた高さにすると3メートルくらい
それをコンパクトに、するのが目標

昔のアルバムは台紙が厚く、大きい重い割には
実は収納の枚数が少ない。

高齢者になって重いアルバムを開くのは一苦労
将来、コンパクトな住宅LIFIに変わっても
持っていけるようにする。
そして、アルバムを開いて昔の話で元気になっていただく
回想法のひとつです。

「それでね、海外旅行は1冊じゃ足りん
もう一冊増やしたいんじゃが〜…
いや、もう2冊…」

1冊1センチ、台紙にして20枚
目標は人生編と国内旅行で1冊
海外旅行で1冊の計2冊だったのですが

写真の整理の目的は
作業をする、と言うより
写真も整理出来て、同時に自分の人生の振り返り
自己肯定感をあげる
今の暮らしに張りをもたらす

それは200%かなっているようです。


2015年05月14日 [片づけ]
片付けの進む人と進まない人の違い

取り敢えず要らないものが無くなれば
取り敢えずゴミが無くなれば
あー綺麗になった!と
満足してしまう方は、残念ながら
リバウンドしてしまいます。

収納場所を考えて定位置を決めていった方は
リバウンドはありません。

もし、最近チョット横着になって戻してない
新しいものを買っても収納場所を決めていない
散らかってきたぞー、と感じた時

場所決めをされてる方は
ちょっとの時間で綺麗になります
元の場所が決まっていることにストレスが無く
戻すことができる、新しい場所を決めることができる。

場所を決めていない方は、残念ながら
出したまま、買ったものの居場所もなく部屋に
投げたまま。
更に上に物が乗り、更に物が乗って行き
結局わからないまま
忘れるか、買った記憶はあるけど見つからないので
新しいものを買ってしまう、その繰り返し。

整理の作業は要不要を決めること
このジャッジは大変疲れることです。
でも、自分が家に入れてきた物
家から出すことをしてこなかった物を
もう一度見るチャンスでもあります。

そして、その後には楽しい収納、物の場所を決めていく
作業が待っています。

雑誌のように、ではなく、自分が使いやすいように
1度で決めなくても、使ってみたら難しい
やっぱりこっちがいい、
あー、これはやっぱりもういらない
自分が使いやすいように
自分が暮らしやすいように
それができたら、生活は恐ろしく楽チンになるのです。
それは、楽しいし自分を大切にすることだと思うのです。







2015年05月13日 [片づけ]
連休中からホームページのお問い合わせメールに
お客様からのご依頼を頂いておりました。

5日から12日までのお問い合わせのお客様
大変申し訳ありませんでした。

サーバの不具合から読むことができましたのが
13日の早朝、大変ご迷惑をおかけ致しました。

折り返し返信を送らせていただいてますので
ご覧になってください。

本当に申し訳ございません。

2015年05月12日 [整理収納サービス]
忙しい方ですのでなかなか長い時間がが取れません。
それでも、少しずつ不要な物が減らせています。

特に多いのが洋服です
今までほとんど減らす、ということをされて来なかったので
要不要の判断もお疲れだと思います。

前回から2週間間が空きましたので
ご自分で不要な物を選んで段ボール箱に入れておられました
素晴らしい、収納の前にはどうしても整理が必要です。

このジャッジは本人様にしかできません
先に、されてくださると、早く収納作業に移れます。

今の所合計20箱
リサイクルショップ
グラム買取
色々考えた結果、処分します。と決断

廿日市市の産業廃棄物処理業者さんご連絡して
きていただくことにしました。

ゴミ引き取りの場合は
必ず、市の指定業者にご依頼ください。
お値段もお安いですし
許可制ですので、不法投棄などの問題も有りません。

広島市の方は広島市の指定
廿日市市の方は廿日市市の指定業者で負ければいけないことに
なっていますのでご注意ください。

おひさまサービスでの整理収納サービスをご依頼くださったお客様には
お客様にとって、もっとも良い方法をご提案させて頂いています。



2015年05月11日 [高齢者の片づけ]
83歳Fさんとの写真の片付けが
いきいき6月号に掲載されました。

(私の後ろ姿の頭頂部がいささか薄く見えますが光の加減です。)

ハウスキーピング協会のアカデミアの研究会で
モニターの方の全8回の写真の整理をしていただいています。

全国の仲間4人で取り組んでいる
地味ーな研究ですが、写真の整理が認知症予防にもなること
やり終わった後、本人と一緒に取り組んだ人が
どんな心の変化があるか。
そんな事を2年くらいでまとめていきます。

5回目で感じたことはたくさんあります。

風景だけでは思い出さない場所も多く
写真を残す、事より
写真でたくさん会話が出てくる
思い出が深い記憶の部分から
溢れるように出て来る、そんな写真を選びました。

5年のお付き合いのあるFさんであるからこそ、私が知っているとも言えますが。
ゆっくり行うことで、
認知症予防も兼ねて
片付けも兼ねて
暇つぶしと会話も兼ねて
楽しみながら行う事、と思えば誰でもが出来ることだと思います。

片付けは一石二鳥の人生の楽しみ

一緒に手伝うことができるのが
私たちのようなアドバイザーです。

おひさまサービスの新しいサービスに入れようかな〜

2015年05月10日 [整理収納サービス]
本日も西区で整理収納サービスです

二人作業で6時間30分の作業でした。
どんどん変化する、部屋、お客様の「片付けスピリッツ」

マンションの1室を、お茶、お花、いろいろな習い事
ちょっとした、カウンセリングなどに使えるように変身中のお宅。

何と言っても、生徒さんのモチベーションが上がるように
お教室色にしなければいけません。

キッチンも教室の後お茶とお菓子でゆっくりくつろげるように
一緒にやってるだけで、楽しくなってきます。

作業中もスタッフとお客様の笑い声が響きます。

このページの先頭に戻る

片付け収納プロ