ビジネスブログ

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ
2014年03月31日 [キッチン]

食器のお悩み

本日は白木町のJA女性会の総会の後のイベントとして
「台所の収納」の講演でお邪魔しました。
30人くらいの会場で、元気なパワフルあふれる女性の方々でした

中で「食器がどうしたらいいか」の質問が相次ぎました
家族が多い時代のな残り、家で何でも冠婚葬祭をやってきたことのな残り

中には食器が入らなくなったら食器棚を買われる方もおられました。
家が広いが故の悩みですね…

マンションアパートなら、まず 総量が決まってしまいますから
買ったら減らすことをしないとモノが収まり切りません。

使っていない『よそ行きの食器』いつか誰かが来たときに使う
お客様用の食器

その食器にふさわしいお客様は今だに来ず…

いっそ家族で使いませんか?

使う食器は食器棚に
使わない食器はダンボールに入れて、別の場所に

使うのものと使わないモノを一緒にしておくことが
一番使いにくくしているのです。

「使用感があるモノも引き取ります」
と広告を入れている、リサイクルショップにもっていくのモノいいでしょう

玄関の前に「壊れていません、いる方はどうぞ」と張り紙をしていたら
1週間したらすべて無くなっていた

実際に経験した話ではありませんが
試して見るのも、いいかなと思います




講座の最後の言葉に「明日の自分を想像しよう」
とさせていただきました


アンケートの中に

『明日の自分を想像することが課題です
記念にとっておきたいし、子供たちは捨てて片付けろと言うし
もったいないし、(捨てれば)ゴミ減量にならないし 悩み!』 




白木JA女性会「キッチン収納」

このページの先頭に戻る

片付け収納プロ