ビジネスブログ

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ
2014年11月24日 [苦手な人のコツ]
*このブログは「整理収納/片付け伴走サービス」モニター様の
ご協力のもと掲載しています。

片付けが苦手で…と思われる方は
まずは同じものをまとめて見ると使いやすくなります。

整理収納/片付け丸ごとサービスにご依頼いただきました
S様もグループわけするだけで、使いやすくなりました。。

ソファー

机

テーブルの上が散乱しています。
ソファーの上も散乱しています。
人がいる場所の周りがものだまりしてしまいます。

Sさんが使うところに使うモノを配置しないとまた、もとに戻ってしまします。

テレビの横に3段の棚がありますね。

テレビ右

「この、3段の棚には何が入っていますか?」
「解りません」

「使ってます?」
「使ってません」」


それをソファーの横にもってきて、
散乱しているものを収納する事にしました。


鏡の横に棚を置いて、そこに分けたモノを入れました。

タバコセット
お化粧セット
ワンデイコンタクトレンズセット

行き場がなく、買っても定位置がないため適当に置いていたもの達


タバコ

お化粧品

探す手間、失くす事、無いと思って買ってしまう事、それらが
場所を決めてやる事で解消されます。

写真にはありませんが、バラバラになったコンタクトレンズも小袋に入れ
まずはそちらから使って頂くことにしたら、2箱分くらい、あちらことらからバラバラのが
出てきました。

棚が右にあると棚の幅分ソファー前を圧迫するので鏡を右、棚を左にしました。

ソファー横 完成

2014年07月01日 [苦手な人のコツ]
片づけの苦手な子どもは昔からいました。

もう、名前も忘れてしまいましたが。
私が子どもの頃、『○○さんの子ども相談』というのがあって


夏休みだったと思います。
その日は片付けのできない子供の相談でした。

『机の上がいつも散らかってしまってどうしていいかわかりません』

当時私も、片付けの苦手な子供でしたから

「あー私のような子がいるな」と思い、どうしたらいいのかな
と興味しんしんでした。


その時その相談員の人が言ったのが…

『机の上のモノを全部紙袋に入れなさい』

衝撃でした…

確かに当時は整理収納を教えているところもなく…

でも、片付けが出来ない子どもの悩みはあったんですよね…

紙袋にとにかく入れろ…

いま、考えるとその後がなかったので、
紙袋に入れたら、欲しいときに、中からごそごそ探せばいい
という事だったのか、と思います。


今の、私なら、こんな回答を続けます。



紙袋に入れて、机の上がきれいになったら
さっぱりしたところで、整理しましょう。

夏休みに、片付けのコツが分かったら、夏休みの宿題で発表してもいいですね

畳の上にシートを広げて、要るモノ要らないモノに分けましょう

ゴミ箱行きはこんなもの
「もう使わないプリント、お母さんに見せた後のテスト、短くなって使いにくい鉛筆
お菓子の袋、ごみ、」これらはゴミ箱に入れましょう。

人に渡すもの
「お母さんに見せるプリント、テスト、借りていた漫画、自分の部屋より
家のどこかにあったほうがいいモノはお母さん渡してお願いしましょう」

残ったモノが自分の机の引き出しや本棚、部屋の中でいるものです。
それををグループに分けましょう

普段の学校のモノ
夏休みだけのモノ
遊びで使うモノ
趣味で集めているモノ
本棚に並べる本
タンスに入れる服
押入に入れる、大きなモノ

分けたら、一番使いやすいと思う場所、引き出しに入れて行きます。

文房具も、よく使うモノをは手前に固めて
あまり使わないものは後ろの方に。

後は使ったら、必ずあったところに戻してあげて下さい。







2014年06月27日 [苦手な人のコツ]
片付けの苦手な方の共通点として

見えないものは想像しにくい、忘れがち、というのがあります。

私も同じです、特に冷蔵庫など、陶器の入れ物に入れてしまうと
ついつい、忘れて賞味期限が…

忘れてしまうと思ったところはなるべく透明な入れ物にして
見えやすくする、というのも大切なことだと思います。

例えば、冷蔵庫なら透明で、トレーなど浅めのモノで、入れているモノが良く見える


トレイ


toumeiyouki

片付けの得意な人のビフォーアフターを見ても
自分に合った方法を選ばなければ、続く整理収納にはなりません。

自分に合った、無理のない整理収納を探してみてください。
苦手なことは恥ずかしいことではありません。

自分にできる事を探し、これならできる、楽にできる。
きっとあります。




このページの先頭に戻る

片付け収納プロ