リバウンドしない片付け業者の選び方

片付け収納プロ
片付け収納プロ
片付け収納プロ

失敗しない片付け業者の選び方をプロが解説!

image
こんにちは、整理収納アドバイザーの松本です。

あなたは、部屋の片付けをどこの業者に頼もうか悩んでいませんか?

せっかくお金を払って部屋を片付けてもらうからには、
失敗をしたくありませんよね?

今回は、そんなあなたに失敗しない片付け業者の選び方についてお教えします。

それでは、いってまいりましょう。

 

@ どんな、種類の「片付ける」があるの?
image
『片付け』と検索するとどんな会社が出てきますか?
ほとんどがごみを収集してくれる会社ではないでしょうか?

ちょっと違うな、もちろんゴミも回収してほしい。
散らかっているから、ゴミも出ると思うけど、ゴミ屋敷じゃない。

「ゴミ屋敷」と「散らかっている」の違いはこちらをお読みください。
ゴミ屋敷の片付け方

どんな事をしてくれるのか
自分が思っているようなことが頼んだ会社のメニューにあるのか。

・自分で片付けて後は袋に入れてまとめている不要なモノだけ回収してほしい。
→そういう方は、一般廃棄物処理業者にご依頼されるといいでしょう。

・ごみを片付けた後は掃除もしてほしい。
→そういう時はハウスクリーニングをしているお掃除の会社に。

・まだ、要るモノと要らないモノを分けていない、どこから始めたらいいかわからない。
当社でご依頼頂いたお客様によく言われるのは

「他の会社にお願いしたら、ゴミをまとめていたら回収しますが、選ぶのはできません、と言われて、おひさまサービス(当社)にお願いしました。」

ひとつひとつ見ながらジャッジしていきたい、とお考えの方は片付けを一緒にしてくれる会社を選びましょう。

詳しくはB要るモノと要らないモノを選ぶ時間をとっているかに書いています。

女性の方なら女性のスタッフのいるところを選びましょう。

要る、要らない、のジャッジはあなたが行いますが、モノを運んだり、山になっているモノを運んだり、引き出しの中もジャッジしたりすると男性の方だと抵抗がありますよね。

・片付けながらリバウンドしないように定位置を一緒に決めていって欲しい。
→そんな方は、整理収納アドバイザーに是非ご依頼下さい。
散らかる原因となぜリバウンドするのか、その家の動線のどこが悪いのか教えてくれます。

・遺品整理でモノを選別して処分したい方。
昔の骨董が出てきた、もしかして値打ちのあるモノかも。

新しい家電リサイクルショップに持って行けば少しはお金になるのでは?

そのまま捨てるのは抵抗がある、古い写真、ご仏前のモノはどうしたら?

→古物商の資格を持っている業者や遺品整理の会社ならお見積りでご相談に乗ってくれるでしょう。(おひさまサービスは古物許可証を有しています。

・ごみはどうするか
・収納も提案してほしいのか
・掃除もお願いしたいのか
・遺品供養もお願いしたいのか
・全部ひっくるめてできるのか

たくさんある、片付け業者、会社の中から自分のしてほしい事が出来るパートナーを選びましょう。

 

A 見積もりは無料で来てくれるか
image
電話だけで金額や時間、人数を言っている業者では困ります。

同じ間取り同じ広さの家でも、モノの量も散らかりようもお客様のご要望も違ってきます。

見積もりに来たときしっかり時間を取って聞いてくれる業者なのか?

どうしたいのか、何が悩みなのかを聞いてくれる業者を選びましょう。

100人いれば100通り、違っているものです。

この部屋はどうするのが一番いいのか

このお客様にはどんな片付け方があっているのか
一緒に考えてくれる業者を選びましょう。

1時間の単価は?

スタッフ2名ならいくらか。

この部屋なら何名、何時間いるのか。

収納用品の購入金額はどっちが持つのか。

交通費は何キロ以上で有料か。

ゴミの回収はやってくれるか。

会社によっては、有料駐車場に止めた場合の金額も請求されることもありますので良く聞いてみましょう。

 

B 要るモノと要らないモノの選ぶ時間を取ったか
image
片付けの会社に電話したら

「全部そのまま捨てるなら」
「選ぶのは面倒なのでしません」

ごみ回収だけの場合、自分で頑張って片付けて、後は要らないモノだけになった時は大変有効です。

むしろ全部要らない、無かったものとして全部捨てる
そういう潔さ、決断も悪くはない…気もします。

当社のお客様は、それが出来ない方がご依頼くださいます。

要るモノもあるから悩んでいるのです。
散らかすつもりで暮らしてきたわけではありません。

モノの見直しをすることはこれからリバウンドしないためにはとても大切な行為です。

一つ一つ何がこの部屋にあるのか、しっかりジャッジする事を後押ししてくれる、そんな業者を選んでほしいです。

 

C 使いやすい置き場所、動線を考え決めているか
image
『片付ける』とは元の場所に戻す事。

使いやすく、すぐに使えてすぐにしまえる、ストレスのないそんな収納場所を作ってくれることも大切です。

ゴミだけ持って帰って終わりでは、また、リバウンドしてしまいます。

その人の癖、朝起きて洗濯物はどこで干すのか、お化粧はどこでするのか

考えながらモノの場所を決めていく収納のプロを選んで下ださい。

これならできそうですか?と考えてくれる人でないと結局は自分でできなくて、リバウンドします。

 

D 片付けの方法も教えてくれるか
image
片付けの楽しさを教えてくれて、やり方も教えてくれる業者を選びましょう。

モノの見極め方
収納場所の決め方
片付け方の手順、
アドバイザーのテクニックを、一番近くで見る事が出来るのはお客様の特権です。

片付け方を知ったら自分の財産になります。

片付け方を親に教わったことが無い人は多いはずです。

部屋もきれいになって、片付け方も知ることが出来て一石二鳥です。

 

E 無理のないあなたに合った収納になっているか
image
出したらすぐに納めなければいけないような収納よりも

「ちょっとここに置くところ」

と心の拠り所がある事がストレスのない人もいます。

初心者から一挙に達人になれる人もいません。

少し上級くらいの収納の提案をしてくれる。
モデルルームのようにではないけど
片づいたすっきりほっとできる家。

それが丁度あっている人もいるのですから。

コンマリちゃん流の小さくたたむ洋服も苦手な人には無理です。

めんどくさがりには掛ける収納を考える事もしなくてはいけません。

すぐにしまう事が出来ない時のためにチョイ置きの場所も提案してくれる
そんな、自分に合った片づけを提案してくれているかが大切です。

 

ま と め
いかがでしたか?

今、自分が一番困っている事、やって欲しい事、それを真剣に聞いて一番良い方法を考えてくれる。

なぜ、すぐにリバウンドするのかプロの目で教えてくれる。

片づいた後のキレイを持続するお掃除のサービスやアドバイスも聞いてみましょう。

気持ちよくなった家なら、これからもうんと家が好きになるような、そんな提案をしてくれる業者を選びましょう。

片付けた事であなたの人生が今よりずっと良い人生になりますように。
クリック

● なぜ部屋が片付けられないのか?片付けのコツと解決策

● なぜ部屋がゴミ屋敷になるのか

● 整理収納アドバイザーが伝授!ゴミ部屋の片付け方と手順

● リビングの片付け方

● プロが伝授!ケンカをせずに親の家を片付ける方法

● 片付けのプロが伝授!引っ越し前、後の片付けのコツ

● 失敗しない片付け業者の選び方をプロが解説!

● 急に人が来たときの片付け方を、整理収納アドバイザ―が伝授

● 知らないと損!キッチンの片付け、整理収納のコツ

● ゴミ屋敷は精神的な病気から?

お問合せはこちら

  松本に、今すぐお電話ください。

お問合せフォームへ

このページの先頭に戻る

片付け収納プロ